思想・思考

『こち亀』の連載が40年間、単行本200巻も続いた理由とは?

更新日:

 

誰もが知るマンガ、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』

40年間もの間 週刊少年ジャンプにて連載されて安定した人気を誇り、コミックスも200巻出ています。

描いた話は、約2000話にも及びます

 

そして、これだけの期間を休まず連載しつづけた作者・秋本治先生。

こんなにも多くのストーリーを作り続けることが出来た理由は 何なのでしょうか?

 

話の終着点(オチ)を、テンプレート化

 

↓武装した部長が派出所を襲撃。もはや様式美の域。↓

 

こち亀の話のオチは、大体は決まっています。

 

・違法な儲け方をした両さんが 警察に捕まる

・感動的な締めを飾る

・両さんが一度大金持ちになった後に 結局 貧乏になる

・武装した部長が「両津のバカはどこだ!」

・両さんが 遥か遠くへ左遷される

・両さんが事業で成功して、悔しそうな部長

・両さんがいい事を言って、話を締める

↑大体は、このようなパターンに落ち着きます。

 

つまり、作者の頭の中では ストーリーのテンプレート(雛形)が出来上がっているのです。

実際にストーリーを創るときは、それらに当てはめて まずオチを設定し、そこに向かってストーリーを進めていけばよいので、とてもスムーズにストーリー創りができたと推察できます。

 

こち亀という”フィルター”を通すと、面白くなる

 

 

こち亀で取り上げられている内容は、普段 全く興味が無いような内容も多いです。

メカやGIジョーやオタク文化など、普段 知ろうともしないウンチクが これでもかという密度で展開されていきます。

しかし、両さんの口から 語られると、何故か興味を持ってしまうのです。

 

これは、作者・秋本治先生の独自の見解(フィルター)を通してウンチクを披露しているからです。

作者が 様々なジャンルに興味を持ち、普段から多くの情報に触れている(”インプット作業”をしている)からこそ 独自の見解を持っているのです。

そして、その見解を交えて展開するからこそ 興味もないはずのウンチクにも、面白さを感じてしまうのです。

 

好きな芸能人が出ている 映画や番組には、その映画や番組のジャンルを問わず 興味を持ってしまうのと、同じですね。

 

”インプット作業”と”アウトプット作業” を楽しむ

 

作者・秋本治先生は、様々なジャンルに興味を持ち 遊び、知識や知恵を蓄えています。

古いアンティークなおもちゃから、最新のハイテク機器や社会情勢まで・・・。

これらは、”インプット作業”です。

人間は、自分の興味があるジャンルの情報は、スポンジが水を吸うように 驚異的な効率性で覚えることができるのです。

 

そして、秋本治先生にとっては、こち亀を描くこと そのものが”アウトプット作業” なのです。

両さんという”語り手”を通し、作者の見解を交えながら 原稿用紙に情報をアウトプットしていったのです。

なので、こち亀が200巻ものコミックスを出すことが出来たのです。

 

こち亀を読んでいると、秋本治先生が”マンガを描くことを楽しんでいる”という事が、ヒシヒシと伝わってきます。

インプット作業もアウトプット作業も 楽しみながら実行しているので、40年間も連載を続けて コミックス200巻分ものストーリーを創り、更にこち亀の連載終了後も、新作を次々発表しているのです。(あ、あと こち亀は 今後も少年ジャンプにて 不定期掲載されるとの事です。スゴすぎ)

完全に、”遊び”と”仕事”が融合してる感があります。

 

 

・・・そして、アフィリエイトでも同じことが可能です。

スマホゲームでも アニメでも マンガでも、あなたの興味があるジャンルについての情報をアウトプットすることにより、報酬を得ることができるのです。

詳細はメルマガで配信してきますが、何か自分が強い興味を持っているジャンルがある人にとっては、とても良い稼ぎ方だと断言できます。

遊びが、仕事になるのです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は、ノートパソコン1台で収入を得て、自由な人生を送ってます。

東南アジアを放浪

したりしつつ、ネットでお金を稼いでいます。

別に、何かの才能があったわけではなく、
むしろ落ちこぼれの派遣社員でした。(オマケにメカ音痴)

どんな仕事をしても長続きせず、
100回以上、転職を繰り返してきた社会不適合者です。

毎日毎日、

劣悪な人間関係の中、
馬車馬の如く労働をしても

預金通帳の残高は
ほとんど増えませんでした。

体調不良で1日でも欠勤したら、
次の月の生活費がなくなるような状態でした。

メルマガ内でも くわしく書いていますが、

某県某市の町外れ、
とある3階建ての古びた雑居ビルのATMの前で
給料日なのに全財産が10万円を下回ったときは、
うめき声を上げ頭をメチャクチャにかきむしったり。

また、
自分の中に溜まりに溜まったストレスを自覚できずに働き続けた結果、
とつぜん頭の回転が、異様に遅くなってしまって、
・・・その日、一晩中自分自身が生み出した

幻覚と幻聴で、
自我が完全に崩壊

してしまったり。

そんな労働地獄から脱出するため
月曜〜土曜まで働きづめた後の日曜日に、
ロクに頭が回らない放心状態で
中古パソコン屋にトボトボ歩いていきました。

そして、

血のにじむような1万円

で、超低性能パソコンを震える手で購入したのです。

ネットビジネスのスキルも経験も無いのに
不安と恐怖に支配されながらも
必死で自由になろうと無様に もがきました。

無様にもがき続けた結果、
いつでもどこでもネットで収入を得て
自由に生きれるようになりました。

朝 起きて ノートパソコンを開き
しばらくキーボードをカタカタと打ち
あとは のんびり過ごす生活。

そんな生活をしていると、体から

長年ため込んだ
莫大なストレスが、
どんどん抜けていく

のを実感しました。

すると、体中から
活力がみなぎってきたのです。

1回限りの人生なのに、
わずかな賃金のために莫大なストレスを溜め込みつづけて労働し、
やりたいことを我慢しつづける人生など、悲しすぎます。

自由に、好きな時に好きなトコロで好きなコトをして、
1回限りの人生を大事に生きるべきなのです。

僕が自由になった手順

は、
メルマガ講座で、くわしく語っています。
(メール最下部のリンクをクリックすれば、いつでも すぐに解除できます。)

 

無料でメルマガ講座を読んでみる

 

登録フォームにメールアドレスを入力して

「無料アクセス」ボタンを
カチッとクリック

すれば、すぐに読み始めることができます。

 

・・・最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を おもしろい と感じてくれたら
SNS等でシェアしていただけると 嬉しいです。
(下のボタンをクリックでシェアできます)

読んでくれ

1

  漫画界の巨匠・藤子・F・不二雄先生は、とても多くの名作を生み出しました。 「ドラえもん」を始めとして、「キテレツ大百科」「オバQ」や「パーマン」「21えもん」など、非常の多くの作品が、今 ...

2

  漫画界の巨匠・藤子不二雄A先生は、非常に多岐にわたる名作を生み出しました。 「まんが道」「忍者ハットリくん」「プロゴルファー猿」「少年時代」「ブラックユーモア短編」他 多数。 相棒である ...

3

  映画「ドラえもん のび太とアニマル惑星」は、1990年3月10日に公開された劇場版第11作目です。 僕が初めてこの作品を見たのは、劇場ではなくDVDでした。 当時はまだ小学生だったのです ...

4

  ”因果応報の法則”とは、「善い行いをすれば良い結果が生じ、悪いことをすれば悪い結果が生まれる。」という法則です。 (※善い=道徳的に正しい。良い=一般的な水準を超えて優れている。) &n ...

5

  僕は いま現在、コンテンツを集中して創るためベトナムのド田舎・海沿いの村に来てます。 海岸から40メートルの宿の客は僕1人のみ。 外国人はとても珍しいらしいです。 娯楽らしい娯楽がない ...

6

  外国人が持つ、日本に対する「安全」 「優しい」「親切」といった 良いイメージは、とても根強いモノである 感じがしますよね。 これは、ある意味”神話”に近いです。 なので、海外旅行に行った ...

7

  2013年6月に発足したNHKから国民を守る党(略称:N国党) 元NHK職員であり、内部の不正経理を週刊文春に告発しNHKを退職した立花孝志が代表をつとめる政治団体です。 2019年7月 ...

-思想・思考

Copyright© 最底辺派遣社員はノートパソコン1台で”真の自由”を手にした , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.