思想・思考

派遣社員を続ければ続ける程、”NOと言えない日本人”になっていく

更新日:

 

「NOと言えない日本人」というフレーズは有名ですよね。

 

本来は嫌な 頼みごとをされた時でも、断りきれずに しぶしぶ引き受けてしまう人が 日本人には多いのです。

しかし、これは とてもストレスが溜まる習性であると言えます。

 

単純労働では、命令には反射的に「YES」

 

僕は、もともと派遣社員として 工場で働いていました。

工場のおいての労働内容は、そのほとんどが単純作業の繰り返しで構成されています。

 

派遣社員として色々な工場を転々と回っても、頭を使うのは 作業手順を覚えるときだけです。

そして 手順を覚えた後は、頭を働かせることが少ない 単純労働を繰り返します。

ひたすら 決められた手順を正確になぞり、ミスなく完璧にこなすことが求められるのです。

 

もちろん、上司から「あっちのポジションに入ってくれ」などと 言われた命令に対しては、即座に「YES」と答えなければいけません。

特に 立場の弱い派遣社員などは、正社員から命令されることが多いので、仕事中はどうしても 反射的に「YES」と答える思考回路になってしまいがちです。

 

考えずに「YES」と言う習慣が、潜在意識まで刻まれていく

 

給料が発生する仕事中は、命令には 即座に「YES」と答える方が 業務全体が円滑に進みますし、そのような条件反射をしてしまうのは 単純労働をしている上では、当然のなりゆきと言えるかもしれません。

しかし、反射的にYESと答える事を 続けていると、その行動パターンが潜在意識にまで深く刻み込まれていきます。

 

人間の脳は、↓この様な割合で思考しています。

・自分で意識できる”顕在意識”=5%

・自覚できない”潜在意識”=95%

 

 

顕在意識に対し、潜在意識は約20倍もの思考量があるのです。

 

そして、職場で ”反射的にYESと答えること”をし続けていると、当然 潜在意識にまで その思考パターンが刻み込まれていきます。

潜在意識にまで深く刻み込まれた思考に対し、圧倒的に思考量が少ない顕在意識で抵抗することは とても大きな違和感を伴ってしまうのです。

 

なので、職場で ”反射的にYESと答える”という思考が潜在意識に強烈にインプットされてしまうので、プライベートな生活をするとき 顕在意識で気持ちの切り替えをしても、約20倍の思考量がある潜在意識に”反射的にYESと答えること”という思考を押し付けられてしまいます。

結果、顕在意識で「NO」と思っても しぶしぶ「YES」と答えてしまいがちに なってしまうのです。

 

「NO」ということに 罪悪感を覚えてしまう

 

僕は、よく海外旅行に行きます。

海外の国に行くと、日本人がカモにされやすいという事実を実感することが、とても多いです。

 

・タクシーに乗ったら、道に迷いに迷った。やっと目的地についたら運転手が「これだけ 頑張ったんだから、2倍の料金を払え!」

・市場に行くと、知らない人がいきなりガイドまがいの事をして、チップを要求してくる。

・飛行機の窓側の席でウトウト。修学旅行中の外国人学生たちの 団体の一人が 僕を起こして、さも当然のように「後ろのクラスメイトと場所を代われ」とジェスチャー。ムカついたので 拒否して再度ウトウトしていると、教員が僕を起こして さも当然のように場所を代わるように再度 要求。背後で生徒がイラついた表情。

↑上記のようなことが、本当によくあります。拒否しましたが、このような人間とは 接するだけで本当に疲れてしまいます。

 

海外旅行に不慣れな頃は、押し切られて要求をしぶしぶ飲んでしまい、とても悔しい思いをしたことも しょっちゅうでした。

しかし、それらの原因は「NO」という意思表示をしようとする際、激しい違和感を伴ってしまう潜在意識でいることだったのです。

「NOと言えない日本人」の根本的な原因は、日本で労働者をしていることだったのです。

 

イヤな申し出に「NO」と返答しても、ペナルティの無いライフスタイルを

 

企業に雇われて 労働する以上、命令などに即座に従わないと 効率が悪くなってしまいますので、なんらかのペナルティを課せられてしまいます。

派遣社員という 単純作業をする労働者である以上、それは仕方の無いことかもしれません。

・・・しかし、一度しかない人生を、そんな 他人の良いように使われてしまう労働者として生きるのは、凄くもったいない事です。

 

雇われずに自分自身の手で稼ぐことができれば、イヤなことは フツーに拒否することができます。

「NOと言える日本人」になると、世界が広がります。

自分が変われば、その眼に映る世界が 圧倒的に変わるのです。

 

読んでくれ

1

  漫画界の巨匠・藤子・F・不二雄先生は、とても多くの名作を生み出しました。 「ドラえもん」を始めとして、「キテレツ大百科」「オバQ」や「パーマン」「21えもん」など、非常の多くの作品が、今 ...

2

  漫画界の巨匠・藤子不二雄A先生は、非常に多岐にわたる名作を生み出しました。 「まんが道」「忍者ハットリくん」「プロゴルファー猿」「少年時代」「ブラックユーモア短編」他 多数。 相棒である ...

3

  映画「ドラえもん のび太とアニマル惑星」は、1990年3月10日に公開された劇場版第11作目です。 僕が初めてこの作品を見たのは、劇場ではなくDVDでした。 当時はまだ小学生だったのです ...

4

  とある日、静かな夜。 ネットマーケティング情報の収集のため、ネット上をさまよっていた時の事。   ふと、表示された印象的な一枚の画像。 その画像こそが、今回お話する『零~濡鴉ノ ...

5

  ”因果応報の法則”とは、「善い行いをすれば良い結果が生じ、悪いことをすれば悪い結果が生まれる。」という法則です。 (※善い=道徳的に正しい。良い=一般的な水準を超えて優れている。) &n ...

6

  僕は、生まれてこの方アイドルというものに興味を持ったことがありません。 「しょせん企業に作られた虚像を、ルックスの良い女の子が演じてるだけだ」 と、冷めた目で見ていました。 しかし、近年 ...

7

  僕は いま現在、コンテンツを集中して創るためベトナムのド田舎・海沿いの村に来てます。 海岸から40メートルの宿の客は僕1人のみ。 外国人はとても珍しいらしいです。 娯楽らしい娯楽がない ...

8

  外国人が持つ、日本に対する「安全」 「優しい」「親切」といった 良いイメージは、とても根強いモノである 感じがしますよね。 これは、ある意味”神話”に近いです。 なので、海外旅行に行った ...

9

  2013年6月に発足したNHKから国民を守る党(略称:N国党) 元NHK職員であり、内部の不正経理を週刊文春に告発しNHKを退職した立花孝志が代表をつとめる政治団体です。 2019年7月 ...

10

  このブログは、ネットビジネスで自由に生きるための情報を発信しています。 そして とある日、質問メールが届きました。 その内容は、僕が運営しているオンライン講座に関する質問でした。 そのメ ...

-思想・思考

Copyright© 最底辺派遣社員はノートパソコン1台で”真の自由”を手にした , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.