マインド

欲望バンザイ!我慢クソくらえ!

更新日:

 

自分の未来・直視不可能

 

「ぐぅ…がぁぁぁぁぁ!!」

某県某市、町外れの とある3階建ての古びた雑居ビル。

その一階のうちの一室、地方銀行のATMの前にて
とある派遣社員の男は、うめき声を上げ
頭をメチャクチャにかきむしっています。

 

その視線の先には、ヨレヨレの通帳。

そこに記された数字は、
その男の「全財産」を表します。

 

…男は、毎日 朝早くに工場に行き、
ストレスフルな人間関係の中、
安い給料で働いているのです。

夏場は、
スーパーの特売で買い込んだ
スポーツドリンクを、空のペットボトルに注ぎ
水で量を2倍にして持っていきました。

冬場は、
あったか〜い 缶コーヒー…
などという、ぜいたく品は飲めません。

休み時間に水道水です。

 

・・・哀れな男です。

そこまでけなげに節約を重ねても、
毎日 朝から夕暮れ…時には深夜まで働いても、
一向に増えていかない数字…全財産。

もし、病気になって欠勤したら、
たちまち その数字は
急激にゼロに近づくでしょう。

 

そして今、
男は”自分の未来の姿"を少しだけ想像して
結果、大ダメージを受けたのです。

太陽を肉眼で直視しつづけると
失明してしまう状況にも似ています。

 

…しかし!
太陽は あちらから近づいてきませんが、
自分の未来は あちらから近づいてきます。

 

男は、心の奥底では、

いろんなコトをやりたいし、
いろんな場所に行きたいし、
いろんな趣味を持ちたい

…と思っているのです。

しかし、人生そのものが詰んでいるので、
欲望を持つ気力すらもありません。

 

男は・・・数年前の僕は、
そんな自分をなぐさめるために

「欲望は、邪悪」
「我慢は、美しい」

と、自分に言いきかせるのでした。

 

欲望バンザイ!我慢クソくらえ!

 

↑こんなコトを言う人間は、
日本では、徹底的に人格を否定されます。

・・・でも、コレが 現在の僕の思想です。

 

●欲望は、夢や自己実現への
向上心の”原動力”

●我慢は、自分の可能性を潰し
理想の未来を放棄する”愚行”

なので、僕は可能な限り我慢はしたくありません。

もちろん、大金を稼ぐためには 努力は不可欠ですし、
やりたい娯楽をやらずに、作業することもあります。

 

しかし、それは”我慢”ではなく”投資”です。

いずれは、何十倍にもなって
自分の利益として 返ってくるのです。
(めっちゃワクワクしますwww)

 

・・・しかしほとんどの日本人がしている我慢は、
”我慢しないと発生するデメリット”を
回避するためのモノでしかありません。

労働者として勤める職場の人間関係の中では
自分が正しいと思うことを主張しても
「協調性が無い」
と判断され、圧倒的な不利益を被ってしまいます。

 

なので結局、自分が我慢して
ストレスを抱えつづけるしかありません。

いずれは、精神に異常が発生したりして、
何十倍にもなって 不利益として返ってきます。

どう転んでも絶望しかないのです。
(めっちゃゲンナリします・・・)

 

「我慢は美徳」
「勤労は美徳」
「石の上にも三年」
「苦労は買ってでもしろ」
「信じるものは救われる」

↑こんな、思考停止したアホ丸出しの言葉が
名言扱いされる日本社会。

 

労働者がこの”迷言”を信じて行動しても、
結局 得をするのは、労働者を雇う側である企業です。

低賃金で、自分の夢を潰してでも
労働に情熱を燃やし、心身をすり減らし、
馬車馬のごとく働くのですから。

・・・もはや、怪しい宗教の盲目的な信者ですよね、コレ。

 

なので、自分の人生を楽しみたいのなら
我慢せずに生きるべきです。

欲望に忠実に行動した結果、
僕は好きなときにいつでも海外旅行できる
「自由なライフスタイル」を
手に入れることができたのですから。

 

なので!!
あなたの心の奥底に眠る欲望も
この機会に、自覚して 解き放っちゃいましょう。

 

・・・あなたも、
もし峰不二子と知り合ったら、
あらゆる手段を使って、
ルパンダイブしたいと思いますよね。

ルパンがおこたっている、
カウンター攻撃への対策も万全にして、
ルパンダイブを絶対成功させたいと思いますよね!

 

 

その過程でものすごい量の努力を、
至極当然の様にしているハズです!!

それとまったく同じなのです!!!!

 

欲望は、美徳です。

 

総 括

 

日本社会には「我慢は美徳」
といった価値観が強く根付いており
生きている内に その価値観を無意識のままに
インストールされています。

 

より多くの苦しみに耐え、
より多くの忍耐を重ね、
やりたいことをやらずに一生懸命 仕事に打ち込む・・・
その姿が美しいと。

 

なので、国や企業から非人道的な扱いを受けても
クーデターもストライキもロクに起きないのです。

 

つまり日本人は、扱いやすいように
調教されているのです。

国や企業が、あなたの人生を食いつぶし
効率的に搾取できるように。

 

しかし、
あなたの人生は、企業のための使うべきではありません。

あなた自身のために使うべきです。

 

国も会社も、あなたの人生を守っちゃくれません。

自分で稼ぐんです。

自分のために生きたければ。

 

”自分で稼ぐ方法”を知れば、
人生はおもしろいほど変わります!

僕も、ノートパソコン1台で稼げるようになって
もしばらくは、戸惑っていて
自由になった実感がわきませんでした。

 

しかし、
職場の劣悪な人間関係から解放され
自由な人生を手に入れたと実感できた時は
本当に心の底から歓喜に震えました!!

 

アラ探しをしてストレス発散のターゲットにしてくる先輩も
油断すると どんどん上から目線になる同僚も
一生懸命仕事をやっていると 仕事量を増やしてくるリーダーも、いません。

 

”出勤日・勤務地”などという概念もありません。

一人で気兼ねなく作業を出来ますし
いつでも海外の国に行き、異国の文化に触れ
刺激をもらい、活力を得られます。

好きな時に 好きな場所で 好きなコトをして
楽しい時間を過ごし、
1日1日を大切に生きることができます。

 

・・・想像できるでしょうか?

 

やりたいことを我慢し
人生の可能性を潰しつづける
”懲役数十年の牢獄=労働”
から脱出して

好きな時に好きな場所で
自由に生きている あなた自身の姿を。

読んでくれ

1

  漫画界の巨匠・藤子・F・不二雄先生は、とても多くの名作を生み出しました。 「ドラえもん」を始めとして、「キテレツ大百科」「オバQ」や「パーマン」「21えもん」など、非常の多くの作品が、今 ...

2

  漫画界の巨匠・藤子不二雄A先生は、非常に多岐にわたる名作を生み出しました。 「まんが道」「忍者ハットリくん」「プロゴルファー猿」「少年時代」「ブラックユーモア短編」他 多数。 相棒である ...

3

  映画「ドラえもん のび太とアニマル惑星」は、1990年3月10日に公開された劇場版第11作目です。 僕が初めてこの作品を見たのは、劇場ではなくDVDでした。 当時はまだ小学生だったのです ...

4

  とある日、静かな夜。 ネットマーケティング情報の収集のため、ネット上をさまよっていた時の事。   ふと、表示された印象的な一枚の画像。 その画像こそが、今回お話する『零~濡鴉ノ ...

5

  ”因果応報の法則”とは、「善い行いをすれば良い結果が生じ、悪いことをすれば悪い結果が生まれる。」という法則です。 (※善い=道徳的に正しい。良い=一般的な水準を超えて優れている。) &n ...

6

  僕は、生まれてこの方アイドルというものに興味を持ったことがありません。 「しょせん企業に作られた虚像を、ルックスの良い女の子が演じてるだけだ」 と、冷めた目で見ていました。 しかし、近年 ...

7

  僕は いま現在、コンテンツを集中して創るためベトナムのド田舎・海沿いの村に来てます。 海岸から40メートルの宿の客は僕1人のみ。 外国人はとても珍しいらしいです。 娯楽らしい娯楽がない ...

8

  外国人が持つ、日本に対する「安全」 「優しい」「親切」といった 良いイメージは、とても根強いモノである 感じがしますよね。 これは、ある意味”神話”に近いです。 なので、海外旅行に行った ...

9

  2013年6月に発足したNHKから国民を守る党(略称:N国党) 元NHK職員であり、内部の不正経理を週刊文春に告発しNHKを退職した立花孝志が代表をつとめる政治団体です。 2019年7月 ...

10

  このブログは、ネットビジネスで自由に生きるための情報を発信しています。 そして とある日、質問メールが届きました。 その内容は、僕が運営しているオンライン講座に関する質問でした。 そのメ ...

-マインド

Copyright© 最底辺派遣社員はノートパソコン1台で”真の自由”を手にした , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.