アフィリエイターという生き方

 

今現在、雇われて働く人が世の中の99%を占めています。

時間・お金・場所・人間関係と、あらゆる束縛に耐えながら
労働者として働く人間が、日本人の圧倒的大多数なのです。

 

しかし、会社のために一生懸命働いても
今後は人工知能の急激な進化により
現在 存在する仕事もどんどん 機械による自動化が進みます。

結果、高い給料を払わなくてはいけない人間は
どんどん解雇されてしまうでしょう。

あらゆる束縛に耐えて非常に強いストレスを抱えて働いても
将来の保証は全く無い 極めて不安定な状況の上で、労働者は生きているのです。

 

そんな中、「雇われずに自分で稼ぐ」という選択をした
あなたは、自分の頭で考え 行動することができている”上位1%の人間”なのです。

このまま正しく行動していけば、労働地獄から脱出するのも時間の問題です。

 

”真の自由”を実現できる

 

「自分で稼ぐ」という選択をしたあなたが目指すべきは
本当の意味で自由なライフスタイルです。

たとえ、毎月多額のお金を稼いで、金銭的自由を手に入れても
毎日毎日仕事に追われているような生活であるなら
時間も場所も人間関係も 自由になりません。

逆に、時間と場所と人間関係が自由でも
収入がスズメの涙では、金銭的に不自由になってしまいます。

 

あなたが目指すべきは、これらすべての自由を手に入れることです。

 

 

・金銭の自由

いうまでもなく、アフィリエイトをはじめる理由は
まず多額のお金を稼ぎたいからです。

お金は、ありとあらゆる物に交換できる
極めて利便性が高い”交換券”です。

毎月十分な収入がある生活を送れば
当然 欲しい物や やりたい事を我慢してストレスを溜める必要もなく
人生における選択肢が圧倒的に増えます。

 

 

・時間の自由

 

多額のお金を手に入れることができても
それを有効に使うには時間が必要です。

時間的自由が無いお金持ちは、お金を使うこと自体に快感を覚え
とんでもない額の浪費を ガンガンします。

自分が本当は何を望み、本当は何をしたいか?・・・と 自分と向き合う時間もなく
ただただお金を使うことを手段ではなく”目的”としてジャブジャブお金を使ってしまうのです。

こんな状態では、とても自由とは言えません。単なる金の亡者です。

 

しかし、時間に余裕があれば、自分が本当に何をしたいか
自分が何を望んでいるかを知り、実行することができます。

昼下がりの公園で読書しても良し、
気の合う仲間と平日の真っ昼間から酒に酔うも良し、
あてもなく海外をのんびり放浪するも良し。

ゆっくりと毎日を過ごし、心身ともに気力を充実させ
生き生きとした人生を送ることが出来ます。

 

・場所の自由

いつでもどこでも、ノートパソコン1台あれば
そこがあなたの仕事場になります。

ネットに繋がりさえすれば、世界中どこにいても(極論、宇宙空間でも)
アフィリエイト作業をすることが可能なので、あなたの行動範囲に制限がありません。

思い立ったら、飛行機に乗ってどこへでも行くことができるのです。

ノートパソコン1台を片手に、日本中の名所を回ったり
世界一周旅行に行くことも可能です。

 

他の日本人労働者が、一週間ほどの長期休暇(むしろ短期ですが…)の間
慌ただしく旅行をし、血眼で観光名所をオリエンテーリングしているのを尻目に
あなたはコーヒーを飲みつつ のんびりとその国の文化を肌で感じながら、好きなだけ滞在できるのです。

 

・人間関係の自由

十分すぎる収入があり、時間も場所も自由になれば
人間関係においても自由になることができます。

僕も、アフィリエイトで稼げるようになって
職場の劣悪な人間関係から解放されたときは
本当に心の底から歓喜に震えました!!

粗探しをしてストレス発散のターゲットにしてくる先輩も
油断すると どんどん上から目線になる同僚も
一生懸命仕事をやっていると 仕事量を増やしてくるリーダーも、いません。

 

一人で気兼ねなく作業を出来ますし、いつでも気の合う仲間に会いに行けます。

気の合う仲間と一緒に楽しい時間を過ごし、好きなだけ接することができます。

自分のキライな人間と関わりストレスを溜め込む必要は一切なく
好きな時に好きな仲間と一緒に語り、遊び、過ごす事が可能になるのです。

 

・精神の自由

金銭・時間・場所・人間関係の自由が手に入れば、精神的にも自由になれます。

・・・誤解を恐れず言えば、99%以上の日本人は
精神的な自由を 一度も経験したことが無いといっても過言ではありません。

 

仕事中はいうまでもなく
たとえ長期休暇中でも(日本の長期休暇は 海外の国からしたら短期ですが)
潜在意識では、がんじがらめに束縛されています。

「この楽しい休暇も 残り一週間しか無いのか…」

「今 楽しい分、職場に戻ったら 反動で精神的にメチャクチャ辛くなるな…」

「あの劣悪な人間関係には戻りたくない…」

「このまま、いつまでも楽しい時を過ごしていたい!でも不可能…」

 

自覚できない思考領域である、”思考の95%を占める潜在意識”において
このような思考が絶えず飛び交っています。

そしてそれは、自覚できる思考領域である
”思考の5%しか占めない顕在意識”において 常に違和感として認識され
「楽しい」という感覚を阻害します。

休暇中、ずっとこんな状態では、せっかくの休暇を思う存分楽しむことも出来ません。

 

しかし、アフィリエイトで稼ぎ、どこだろうと いつまでだろうと
自由に過ごせるライフスタイルを手に入れされすれば
このような悩みは消え去ります。

 

「自分にも、そんな時期があったなあ・・・」

と、笑い話に変えて 楽しい毎日を過ごすことが可能になります。

 

雇われて働く労働者としての生き方は、非人道的なレベルで束縛される

 

この日本国に生きている人間の、そのほとんどが雇われて働く”労働者”です。

そして労働者たちは 非人道的な束縛の中、極度に制限された人生を生きています。

幼稚園から小学校、そして中学高校・・・と
幼少より他者と足並みを揃える団体行動を強制され
自分の本心を押し殺し 指示されるままに行動する人生を歩まされてきた国民。

 

この国の教育機関は、そんな”他者依存的な思考”を国民に植え付けることによって
雇う側である企業、ひいては日本国家に都合の良い人間ばかりが存在しています。

なので、非人道的な束縛を もはや”平常”として受け入れざるを得ず
結果、極度のストレスが社会全体に蔓延するストレス大国となってしまっているのです。

 

アフィリエイトで自由になった僕も 労働者時代を思い返すと、今でも ゾッとします。

 

・金銭の束縛

労働者の賃金は、その業務内容に比べ 驚くほど低賃金です。

朝早くから出勤し、キャパシティギリギリのペースで
大量の作業をこなしても、極わずかな収入にしかなりません。

 

加えて、薄給で 一生懸命 働いていたとしても
人工知能による”労働力の機械化”の非常に高いリスクが存在します。

つまり、”非常に安い経費で超高速・超正確な労働力”であるコンピュータを導入し
”人件費が高く 遅くてミスもする労働力”である労働者はどんどん解雇されているのです。

現に、誰もが知る超有名な大銀行も、正社員を数万人解雇し、露頭に迷わせています。

派遣社員なら、なおさらリスクが高いですね。

 

そして、機械に仕事を奪われて職を失った人たちは
まだ機械に奪われていない仕事に殺到します。

つまり、労働市場において”労働力の飽和”が起こります。

そうなると、雇用者側は足元を見て、 賃金を下げてきます。

 

しかし、機械に仕事を奪われる職業は、年々増加していくと予想されますから
どんどん賃金も下がっていくということです。

物価は上がり続けても、労働者の給料は下がり続けるのです。

 

・時間の束縛

雇われて働く場合、朝早くから出勤し 過酷な労働に従事しなければなりません。

また、忙しい職場では、定時を過ぎても帰宅することが許されず
残業を半強制されてしまう所も多いでしょう。
(しかも、労働力が飽和すればするほど、サービス残業をさせる職場も増えます)

つまり、労働者として働けば働くほど あなたの時間は束縛されてしまいます。

 

あなたの人生を構成する かけがえのない時間が
会社に超低賃金(サービス残業ならゼロ円)で搾取されてしまうのです。

低賃金で定年まで働いても 貯金は微々たるもの。

毎月数万円で細々と生き長らえるような
何の楽しみも無い ただ老衰を待つだけの人生になってしまいます。

 

・場所の束縛

働いている職場からの 通勤圏内でしか、生きることは許されません。

この地球上に存在する広大な世界の中で、職場から十数キロくらいの
極めて小さい退屈な世界でしか生きることが出来ないのです。

 

たまに長期休暇(クドいですが、外国人の感覚からしたら短期です)で
旅行に出かけたとしても、その行動範囲は極端に制限されます。

せいぜいアジア圏内の、交通の便の良い街に制限されるでしょう。

お隣の台湾を旅行したとしても、知る人ぞ知る田舎町の名所などには行くことは困難です。

仕事が再開される日時を常に頭の片隅で考え、特大のノイズが入ったような思考状態で
行動圏内を極端に制限された旅行をすることになります。

 

そして、仕事が再開されたら、また職場から十数キロの極めて小さい世界でしか生きるのです。

そんな小さい世界で、人生の大半を生きるというのは、よくよく考えれば 狂ってますよね。

 

・人間関係の束縛

正直、世の中の殆どの人間関係は
ストレスを与え合うプレッシャーの応酬の上に成立しています。

しかし、ストレス大国といわれる日本で生きていると
ストレスを与え合いプレッシャーの応酬の上に成立する人間関係が
もはや普通になってしまっていて、疑問を抱くことすらしません。

浴びるストレスの量があまりにも多いので、もはやストレスをストレスと認識しにくいのです。
(香水つけまくる⇒本人、鼻が麻痺⇒更に香水つけまくる・・・このパターンと同じ)

 

なので、下手に優しくすると、感謝されるどころかつけあがり
面倒事やデメリットを押し付けてくるという、異常な人格を持った人が 非常に多いのです。

こんな馬鹿げた最底辺の人間関係は、とっとと抜け出すべきです。

そうしなければ、慢性化・無痛化しすぎたストレスが原因で
一気に健康を害し 働けなくなるリスクを常に抱えて労働することになってしまいます。

 

・精神の束縛

金も時間も場所も人間関係も制限されている労働者。

その結果、精神的にも束縛されることになります。

理不尽な目にあっても「この職場を解雇されたら その先どうしよう」などと
不安が常につきまといます。

そんな不安は、雇われ労働者である限り、定年までずっと続きます。

 

そして、定年後は「貯金が尽きたらどうしよう」という精神の束縛が待っています。

つまり、労働者として生きていくなら、この束縛からは死ぬまで解放されないかもしれません。

 

今、この瞬間に”最初の一歩”を踏み出さなければ、一生 踏み出せない

 

今この瞬間、あなたはこの「初心者講座」をここまで読んでくれています。

あなたは自分を変えるため、努力して この講座の内容を読み
あなた自身の血肉としているのです。

つまり、今この瞬間が、あなたの生き方を変えるための”人生の分岐点”なのです。

 

1.自由を手に入れ、制限のない人生を生きる

2.束縛されたまま、狭い世界で慢性化したストレスを抱えて生きる

 

今 この時が、あなたのこれまでの人生で一番自由に近い時です。

束縛された人生を脱出すべく、本気で行動を起こしているのですから。

 

アフィリエイトとは?

情報商材とは?

どんな情報商材が良いのか

アフィリエイターという生き方

最短最速で自由になるためには  ← Next !

稼ぐためのマインド

登録なしプレゼント(ブックマーク推奨)

2020/01/25

Copyright© 最底辺派遣社員はノートパソコン1台で”真の自由”を手にした , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.