初心者向け

派遣社員の人間関係のストレスが限界!?うつ症状,体調不良になる前に対策を!!

更新日:

 

派遣社員として 職場につとめる人は とても多いですよね。

毎日 行きたくもない職場に出勤し、関わりたくもない人たちと関わり、ひたすら労働。

1つでもミスをしてしまうと、怒られ 見せしめにされてしまう・・・。

 

こんなライフスタイルをこの先何十年も続けていくかと思うと、ゾッとしてしまうでしょう。

ストレスを溜めつづけて、体調不良やうつになってしまい、働くことすらできなくなってしまう人も、とても多いですよね。

 

事故死より 自殺が多い”自殺大国”

 

日本は 事故死より自殺率が多い国だといわれています。

職場などでの人間関係で長年溜め続けたストレスが原因で、正常な判断ができなくなってしまうので、自ら命を絶ってしまうのです。

これは、頑張って ストレスに耐えようとするからこそ、心を犠牲にしてでも 働き続けてしまうのです。

 

確かに、労働力の対価として 給料を得ている以上は、ストレスに耐えなければ ”労働者”として社会生活を営むことは難しくなってきてしまいます。

給料を払っている企業の立場の方が強いため、理不尽な事があっても 中々言いにくく 結果我慢してしまうのです。

・・・しかし、そのストレスの我慢が積もり積もって 精神をジワジワと蝕んでいってしまうのです。

 

外国人労働者に2つの在留資格を付与!永住も可能になる

 

2018年、日本政府は 外国人労働者の受け入れを拡大する法案を可決しました。

受け入れが必要な業種で、知識や経験など一定の技能が必要な業務に就く「特定技能1号」と、熟練技能が必要な業務に就く「特定技能2号」という在留資格を新設する。

1号は在留期限が通算5年で家族帯同を認めないが、2号は事実上永住を認め、配偶者と子どもの帯同も可能とする方針だ。

 

つまり、外国人労働者の技能の習得度によっては、本人とその家族の日本永住を認めるという内容になっています。

すなわち、これからどんどん労働力の飽和が起こり 日本人労働者たちの賃金は低下していくことでしょう。

もはや、「日本で雇われて働くのは 将来性が無い」といっても過言ではないのです。

 

精神が病気だと、頭痛を引き起こし 体も病気になっていく

 

精神と肉体は、お互い密接に関係しあっています。

精神が充実している時は 体も調子が良いですし、体の調子が良いと 巡り巡って精神の更に充実していくのです。

これは、とても良い循環であると言えます。

 

・・・しかし、それが 一旦悪い方向に傾いてしまった場合は、注意が必要です。

なぜなら、精神が病んでくると 肉体にも悪影響を引き起こしてしまうからです。

更に、肉体に悪影響を起こすと、巡り巡って 精神にも悪影響を起こしてしまうので、エンドレスな悪循環が完成してしまうのです。

 

もし、この悪循環にハマってしまった場合は、一刻も早く対策を考えなくてはなりません。

 

相談する(カウンセリングを受ける)のは、危険!

 

職場には、カンセリングなどの 案内のポスターなどが貼られていることが多いですよね。

劣悪な人間関係の中で働いて心身が披露している中、カウンセリングの案内を見て、少しばかり興味を持ってしまうかもしれません。

 

・・・しかし、彼らは決して善意でカンセリングを行っているのではありません。

れっきとした職業、つまり商売としてやっているのです。

そして、カウンセリングの相場は、50分で1万円以上という とんでもない高額です。

更に、カウンセラーは お客さんに何度も来院してもらったほうが自分の利益になるため、迅速に治そうとはせず  長期的に通わせお金を搾取しようとするでしょう。

 

そして、言われるがまま 数年間にわたり 通いつづけていると、積もり積もって数百万円以上も支払っていた! などという事態になりかねません。

それなら、そのお金を使って遊んでいたほうが楽しいですし、気分転換にもなります。

 

職場のストレス発散方法・解消法

 

ストレスを抱えている人の多くはは、それをなんとか抑えつけようとします。

その原因は 我慢を美徳とする日本特有の価値観にあります。

我慢を続けていると 心の中にストレスが濃縮されていきます。

そして、ストレスが溜まれば溜まるほど、心が死んでいくのです。

 

結果として、何をするにも無気力になってしまい、休日も寝たきりになってしまう人が多いのです。

一度しか無い人生を、ストレスにまみれた日々として生きていくのは、あまりに勿体無いですよね。

 

なので、そのストレスをバネにして「お金を稼ぐ」という方向に有効活用すればいいのです。

ストレスは、抑えつけるべきものではなく、爆発させて原動力とすべき エネルギーなのです。

 

 

預金通帳を見るのが恐ろしかった、あの日・・・。

 

企業に雇われる”労働者”として生活していても、中々お金は貯まらないですよね。

かつての僕も、節約に節約を重ねても 貯金は一向に増えていかず、通帳を見るたびに発狂したくなるような時期もあったのです。

「今となっては良い思い出・・・」とは言えず、今現在も 軽くトラウマですwww

 

しかし、自分で稼ぐ手段を身に着ければ ガンガン増えていく収入に 通帳を見るのが楽しくなるはずです。

 

最も効率的な金欠脱出方法。”自分で稼ぐ”

 

 

ハイ、単純明快ですね。

企業に雇われずに、自分で稼ぐのです。

企業に雇われて働いていても、この先 事態が好転することは、極めて絶望的といえます。

なぜなら、企業は いかに安く労働力を搾取できるかを考えていますので、頑張って働いても結局報われることはないのです。

 

そして、人工知能の発達により これからもどんどん仕事が機械に奪われてしまうので、工場で働く単純作業をしている労働者は、これからどんどん賃金が下がっていくでしょう。

もはや、派遣社員をはじめとする 単純作業をしている労働者は、雇われている限り 更なる金欠になってしまいます。

なので、パソコン一台だけを持って 自分で稼ぐのです。

 

「パソコンで稼ぐ」というと、プログラミング技術や なんらかの資格が要りそうな気がしますが、全くいりません。

んで、株やFXのように 大損をこいて借金を背負う必要もありません。

失敗してもお金は失うことは無いのです。

 

それが、アフィリエイトというネットビジネスになります。

アフィリエイトの強みは、まず パソコン一台あれば いつでもどこでも作業ができることです。

なので、海外旅行を満喫しつつ 空いた時間に作業をする・・・なんてことも可能なのです。

 

また、正しい方法で作業をすれば 寝ている瞬間も 遊んでいる瞬間も お金が入り続けるのです。

なので、毎日毎日 職場に決まった時間に出社して 汗水垂らして 精神をすり減らして作業をする必要も無く、体調を崩して数ヶ月寝込んでいても 問題なく収入が入ってくるのです。

 

 

労働者として働くうえでの膨大なストレスは、ジワジワと精神を蝕み いつかあなたの心を破壊してしまうでしょう。

せっかくこの世に生まれてきたからには、心を殺して生きるより 楽しんで人生を送りたいですよね。

 

その対策のシンプルな究極形が、結局自分で稼ぐという手段なのです。

「自分で稼ぐ」というと、なんだか抵抗を覚えてしまうかもしれません。

 

ですが、パソコン一台だけあれば 可能なネットビジネスがあるのです。

株やFXとちがい、大損をこいて借金を背負う必要も皆無です。

ギャンブル性の強いビジネスではなく、継続的に稼ぎ続けることが可能なビジネスです。

 

 

この先、何十年間も精神にストレスを与え続けて労働するよりかは、チャレンジしてみたほうがよいに決まっています。

 

・・・と言っても、こんなざっくりした説明だけだと よくわからないですよね。

もし、詳しく知りたい場合は こっちを見てみてください。

 

それでは、また。

 

読んでくれ

1

  漫画界の巨匠・藤子・F・不二雄先生は、とても多くの名作を生み出しました。 「ドラえもん」を始めとして、「キテレツ大百科」「オバQ」や「パーマン」「21えもん」など、非常の多くの作品が、今 ...

2

  漫画界の巨匠・藤子不二雄A先生は、非常に多岐にわたる名作を生み出しました。 「まんが道」「忍者ハットリくん」「プロゴルファー猿」「少年時代」「ブラックユーモア短編」他 多数。 相棒である ...

-初心者向け

Copyright© 最底辺派遣社員はノートパソコン1台で”真の自由”を手にした , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.