思想・思考

餅月ひまり(後発Vチューバー)の600万円溶かした2重集客の広告戦略

更新日:

 

僕は、生まれてこの方アイドルというものに興味を持ったことがありません。

「しょせん企業に作られた虚像を、ルックスの良い女の子が演じてるだけだ」
と、冷めた目で見ていました。

しかし、近年盛り上がりを見せるVチューバーは、生々しい裏事情や性癖を堂々とさらし、「アイドルは清廉潔白」などという図式から外れて、実に生き生きとしている印象を覚えます。

そして、そんなVチューバーたちの中でも、後発組である餅月ひまりが取った戦略が学ぶことが多く、印象に残ったのです。

 

Vチューバー(バーチャル ユーチューバー)とは?

 

Vチューバー(バーチャル ユーチューバー)とは、2Dや3Dのグラフィックのアバターを使って動画を撮影して、動画サイトに投稿する個人や企業を意味する。

個人運営の場合は2Dのグラフィック、企業運営の場合は3Dのグラフィックが使われる事が多い。
(3Dは、グラフィックそのものの制作費が高い上、モーションキャプチャでの撮影などが手間がかかるため、個人運営では難しい。)

動画の内容は、歌ってみた動画(カラオケ動画)やゲーム実況など、多岐にわたる。

グラフィックのアバターで活動しているユーチューバーは以前から存在していたが、
2016年12月に活動開始したキズナアイが始めて”Vチューバー”と名乗ったことをキッカケに、一大ジャンルにまで市場が広がった。

 

キズナアイ

 

本来、ユーチューバーは顔を明かさないと活動しにくかったのだが、グラフィックをアバターとして使うことにより、顔出しなしでできることから、一気に広まりました。

また、グラフィックは自由に設定できるため、キャラクターを多種多様のニーズに応えられるのが強みなのです。

 

つまり、ルックスに自信がなくても、美少女キャラを演じることもできますし、むさ苦しいオッサンも(声を加工すれば)美女を演じることもできるのです。

 

Vチューバー業界の現状

 

Vチューバーとして活動する人(企業)は、爆発的に増え続けています。(下記グラフ参照)

 

 

現時点で1万人を超えるVチューバーが存在します。

そして、それらの支援をする”Vチューバー事務所”も
「にじさんじ」「upd8」「ホロライブ」
などをはじめとして、多数の事務所があります。

 

いまや、Vチューバー業界は

・サントリー公式Vチューバー・燦鳥ノム(さんとりのむ)
・茨城県バーチャル広報課 Vチューバー・茨ひより

など、大企業や県を上げて参入するくらい、メジャーな一大ジャンルになっているのです。

 

 

 

また、Vチューバーのチャンネルの登録者の推移も、下の動画を見れば分かる通り、
最初にVチューバーを名乗り活動開始したキズナアイのメインチャンネルは、ぶっちぎりで圧倒的な登録者数を誇っています。

(2位は、キズナアイのサブチャンネル)

 

 

先行者が安定した地位を築いている反面、後発のVチューバーは 厳しい戦いを強いられるのです。

 

Vチューバーの収益源

 

ユーチューバーの基本的な収益源は、YouTubeアドセンス(動画視聴時に、スクリーンや関連動画に表示される広告)です。

しかし、YouTubeアドセンスは、1再生=0.1円くらいが基本的な相場です。

 

でも、Vチューバーの場合は、覇者といえるキズナアイでも、多くの動画が10万回再生くらいです。

つまり、多くの動画が1万円くらいのアドセンス収益しか得られないのです。

したがって、YouTubeアドセンスだけを収益源にしていたら、資金と労力をかけて作った動画制作費の回収すらあやういのです。

 

しかし、YouTubeアドセンス以外にも、収益を得る方法は複数あります。

・限定グッズ、ライブチケットの販売
・企業の案件動画での商品の宣伝によるスポンサー収益
・ライブ配信時の視聴者からのスーパーチャット(投げ銭・おひねり)
・視聴者のメンバーシップ登録による月額課金

 

収益化方法を1つ1つ解説していると、とんでもなく長くなってしまうのですが・・・。

要するに、自社商品を販売 スポンサーの商品を宣伝投げ銭をもらう などをして、収益を得るのです。

 

「餅月ひまり」とは?

2019年9月13日に活動開始したVチューバー。

かなり後発組の部類といえる。

所属事務所は「ゆにクリエイト」

動画の内容は、歌 や ゲーム実況、雑学やエロゲなど。

 

オススメ動画

 

歌ってみた

 

他のVチューバーたちも、同じ曲の歌ってみた動画を上げているが、この動画は編集が上手くて、何回も見たくなります。

 

 

官能小説について

 

作中でヤッてることは同じだが、その表現技法は十人十色。

同じことでも、どのようなモノに例えて五感(視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚)でイメージさせるか・・・。

 

それをこの動画で学びましょう。

僕は、そーいう意図で紹介しているのです。(いや、本当に。)

スケベ目的なら文章より実物の方が五千倍良いわ

 

 

こういう所から学ぶと、視野が広がりまっせ。

 

【本題】合計600万円を溶かした広告戦略

 

で、
本題です。

餅月ひまりが公開している下記の動画内で、合計600万円溶かした経緯を詳しく語っています。

某COUNT DOWN TV形式で、溶かした金額が多い動画ベスト10を紹介していきます。

600万円を溶かしたエピソードを語りきった後の、哀愁ただよう背中はなんとも言えません。

 

 

この動画は、餅月ひまりチャンネルの中でも、圧倒的な人気を誇る動画になっています。

 

1万人を超えるレッドオーシャンの中で、
「600万円溶かしたVチューバー」の唯一無二の地位を得た

 

Vチューバー業界は、群雄割拠なレッドオーシャンであり、Vチューバーとして活動している個人や企業の数は、1万を超えると言われています。

そんな中で知名度を上げていくには、何かしらの特色や他人に知らせたくなる要素が必要です。

 

・・・で、

餅月ひまりは、600万円を溶かした実績を大々的にアピールして、Vチューバー業界でも唯一無二の実績を確立したのです。

 

僕自身、餅月ひまりを知ったキッカケは上記の600万円溶かした動画です。

YouTubeで表示された「600万円 広告代で消えた」のサムネ画像に興味をつられて、反射的にクリックしたのです。

餅月ひまりチャンネル動画のコメント欄を見てみると、同じように600万円溶かした動画をキッカケに餅月ひまりを知った人も、多いのです。

 

600万円溶かしてYouTube広告で短期的に集客
⇒ 600万円溶かした実績アピールで、長期的に集客

 

餅月ひまりは、600万円を使って自身の動画を数百万回も新しい視聴者に表示させて、集客をしていました。

興味を持ってくれた視聴者はチャンネル登録をしてくれるので、チャンネルの評価も上がり、ファンになってくれる人も増えます。

そして、商品を買ってくれる人も増えれば大きな利益が獲得できますし、
チェンネル登録者が多いと、スポンサーからの依頼も報酬も増えます。

しかし、広告費を払い続けないと、とうぜん広告としての動画配信は止まってしまいます。

 

ですが、それを更にネタにした動画で600万円溶かした女の子としてのキャラを確立しました。

結果、600万円溶かしたVチューバーとして知られて、多くの人にネタにされています。

多くの人がネタにしているということは、多くの人がタダで宣伝しているということです。

ひいては、長期的な集客経路ができるのです。

 

この長期的な集客自体には費用はかかりません。

後発Vチューバーが存在感を示すための、とても面白い戦略といえます。

 

あと、ちゃっかり商品化もしてます。

 

600万円溶かした記念アクリルフィギュア

 

それ以前に、400万円を溶かしていたことも自白
【総額1000万円溶かした】

 

さらに、チャンネル登録者10万人突破記念ライブでは、それ以前にも400万円溶かしていたことも判明

(※おそらく、こちらは戦略というより、単なるミス)

結果として、総額1000万円を溶かしているのです。

 

・・・さて、ここで疑問が浮かびます。

なぜ、最初から「1000万円溶かしたVチューバー」として実績をアピールしなかったのか?

これにも、理由があります。

 

とあるマーケティングの実験で、飲食店のお客さんに対してアメをプレゼントする際、

1.食後にアメを2個あげる
2.食後にアメを1個、レジで会計時にアメを再度 1個あげる。

どちらのパターンも、お客さんにアメを同じ2個あげているのですが、
「2.」の方が、お客さんの満足度が遥かに高まることが判明しています。

結果的にプレゼントする総量はおなじでも、複数回に分けると満足度があがるのです。

 

その原則を、餅月ひまりの事例にあてはめると、

1.「1000万円溶かした」
2.「600万円溶かした」「400万円溶かした(合計1000万円溶かした)」

の場合、「2.」の方が2回に分けているため、視聴者の満足度(?)が上がるのです。

 

つまり、しっかりと計算されつくした上での戦略なのです。

 

シメの言葉

 

Vチューバー業界は、大きな可能性を秘めています。

ものすごい勢いで、世界各国から多数のVチューバーが誕生しています。

 

ぶっちゃけると、

ヤバい性癖を持つ犯罪者予備軍みたいなVチューバーも見かけます。

鈴鹿詩子とか。

しかし、それをネタとして1つの文化として楽しむ方向に発揮すれば、多くの人を楽しませる特技となります。

 

性癖自体に善悪をつけるのは難しいです。

ヤバい性癖を持っていても、どのように発揮するかで、ブタ箱行き or 人を楽しませて笑顔にする の分かれ目となるのです。

Vチューバー業界は、そういう性癖も受け入れる、懐の深さを持っている業界なのかもしれません。

(かなり上手いシメ方・・・!( ・`ω・´)キリッ)

 

読んでくれ

1

  漫画界の巨匠・藤子・F・不二雄先生は、とても多くの名作を生み出しました。 「ドラえもん」を始めとして、「キテレツ大百科」「オバQ」や「パーマン」「21えもん」など、非常の多くの作品が、今 ...

2

  漫画界の巨匠・藤子不二雄A先生は、非常に多岐にわたる名作を生み出しました。 「まんが道」「忍者ハットリくん」「プロゴルファー猿」「少年時代」「ブラックユーモア短編」他 多数。 相棒である ...

3

  映画「ドラえもん のび太とアニマル惑星」は、1990年3月10日に公開された劇場版第11作目です。 僕が初めてこの作品を見たのは、劇場ではなくDVDでした。 当時はまだ小学生だったのです ...

4

  とある日、静かな夜。 ネットマーケティング情報の収集のため、ネット上をさまよっていた時の事。   ふと、表示された印象的な一枚の画像。 その画像こそが、今回お話する『零~濡鴉ノ ...

5

  ”因果応報の法則”とは、「善い行いをすれば良い結果が生じ、悪いことをすれば悪い結果が生まれる。」という法則です。 (※善い=道徳的に正しい。良い=一般的な水準を超えて優れている。) &n ...

6

  僕は、生まれてこの方アイドルというものに興味を持ったことがありません。 「しょせん企業に作られた虚像を、ルックスの良い女の子が演じてるだけだ」 と、冷めた目で見ていました。 しかし、近年 ...

7

  僕は いま現在、コンテンツを集中して創るためベトナムのド田舎・海沿いの村に来てます。 海岸から40メートルの宿の客は僕1人のみ。 外国人はとても珍しいらしいです。 娯楽らしい娯楽がない ...

8

  外国人が持つ、日本に対する「安全」 「優しい」「親切」といった 良いイメージは、とても根強いモノである 感じがしますよね。 これは、ある意味”神話”に近いです。 なので、海外旅行に行った ...

9

  2013年6月に発足したNHKから国民を守る党(略称:N国党) 元NHK職員であり、内部の不正経理を週刊文春に告発しNHKを退職した立花孝志が代表をつとめる政治団体です。 2019年7月 ...

10

  このブログは、ネットビジネスで自由に生きるための情報を発信しています。 そして とある日、質問メールが届きました。 その内容は、僕が運営しているオンライン講座に関する質問でした。 そのメ ...

-思想・思考

Copyright© 最底辺派遣社員はノートパソコン1台で”真の自由”を手にした , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.