初心者向け

海外移住にオススメの仕事は?日本語のみでも可能なのか

更新日:

 

海外移住を目指す人は、年々増加傾向にあります。

ストレス大国である日本を抜け出し、海外で楽しく過ごそうとする人が 増えているのです。

しかし、海外で生活するためには 安定した収入源が不可欠になります。

なので、海外移住にオススメの仕事について、解説していきます。

 

”現地採用”の年収は!?タイやシンガポール、中国への海外移住の問題点

 

日本を飛び出して海外に移住したい人は、日本企業の海外支社に雇われる選択肢があります。

特に、タイベトナム中国などは 日本から比較的近いこともあり、”現地採用”の求人募集も 沢山存在します。

僕も 以前は、現地採用として海外で働こうと思っていたのですが、賃金があまりに安すぎたので やめました。

要するに、「ストレスフルな日本社会を脱出して 海外で働きたい!」という人がとても多いので、足元を見られているのですね。

 

海外にある日本企業に 現地で雇用される”現地採用”

 

そもそも現地採用とは、”日本企業の海外支社などに 現地で雇用される”ことを言います。

・・・日本で雇用され 長年働いた上で 海外出張という名目で働いている”駐在員”とは明確に区別されるのです。

無論、立場は現地採用の方が圧倒的に下ですし、各種保険や給与などの待遇も、天と地ほどの差があります。

 

駐在員が潤沢な給与をもらい 夜遊びしているのを尻目に、
屋台で安いパクチー料理を食べながら 時間が過ぎるのを ただ待つような毎日を送るしか無いのが、現地採用された労働者の実態なのです。

 

現地採用の年収は?

 

現地採用の年収は、大体150万円くらいです。

 

もし、この相場よりも 明らかに高い給与で募集している求人情報があったら、

1.特殊技能を求められるか
2.”釣り求人”(存在しない求人情報、つまり撒き餌。実際の面接時に 他の劣悪な求人情報を紹介される)

のどちらかの可能性が高いです。

 

実際に数社面接してみた僕の見解

 

数年前の僕は、現地採用として働くべく 電話で事前面接を受けた事があります。

電子データとして 履歴書を作成し、送信した上で 後日 電話で面接を受けたのです。

しかし、そこで提示された条件は、月給10万円だったり 週6勤務で一日実働11時間勤務という(土曜だけは8時間)とんでもない激務&薄給でした。

 

そして、「本面接として 現地(ベトナム・ハノイ)に来てください」といわれたのです。

(いやいや、仕事してるし 多額の旅費かかるやん。無理言わんといて!)と内心思いつつ、
「私も現在はとても忙しいので、もしメドが立ったら こちらからご連絡致します」といい 面接は終了しました。

数社受けて どこも同じような感じでした。

 

人間関係は 相当険悪・・・

 

最大手電子掲示板”2ちゃんねる”で、現地採用された人たちが情報交換や雑談をしているスレで 電子掲示板で質問した時のことです。

僕は ”とある国における 現地採用の給与の相場”について質問したのですが、ものっすごいイヤミなレスを 大量にいただいてしまいました。

 

「よくこんな奇抜な発想を出来るな。凄い」と感服するほどの 独創性とヒネリを両立した 非常にハイレベルなセンスと 幼稚な精神が織りなす 珠玉の誹謗中傷が 僕一人に集中したのです。

しっかりと礼節をわきまえた腰の低い文章を投稿したのですが、その腰の低さが 逆効果に働いたようです。

しかし、もし現地採用として雇用されて勤務したら、あのような人たちと末永く付き合わねばならないのかと思うと、吐き気を催してしまうほどの絶望感に襲われてしまいます。

 

業務内容は、殆どが”営業職”

 

企業が現地採用として日本人を雇う理由は、”日本語が話せる”からです。

つまり、工場などでの単純作業は 現地人にさせることはできますが、カタコトな日本語しか話せないため 日本語の意思疎通に多大なる不安が残ります。

そのため 日本人を雇うのです。

 

そんな日本人に割り当てられる仕事は そのほとんどが”営業職”です。

つまり、企業にアポを取って赴き、自分でどんどん取引先を開拓していかなければならないのです。

のんびり海外生活を楽しむ間もなく、ノルマ達成の重圧を抱えながら毎日を生きていくのです。

 

もちろん、ノルマが達成できなかったら ガンガン精神攻撃の標的にされますし、休日も返上して 仕事をしなければいけないでしょう。

 

各種保険料は支払ってくれるの?

 

現地採用された場合、厚生年金、健康保険などを払ってくれる事はまず無いと考えるべきでしょう。

そもそも、企業側は徹底的に経費を削減したいのが常ですから 払う義務が無い金は払ってはくれません。

つまり、各種保険は自分で払わなければいけないのです。

ただでさえ薄給なのに、保険料も自分で払わなければいけないので、生活もどんどん圧迫されていきますよね。

 

「辞めたい」と思っても・・・

 

理想と現実との間に多大なるギャップがある、現地採用という生き方。

結局、現地採用として雇われた人たちの大半は、一年も持たずに退職して しまうのだそうです。

休みもロクにもらえずに懸命に働いても、遊ぶこともできずに フラストレーションが溜まる一方なのですから、そりゃイヤになりますよね・・・。

 

しかし、問題なのは 退職した後の生活です。

日本からはるばる飛行機に乗って 自分で現地に赴き面接を受けて雇われた以上、退職後も日本への旅費など払ってはくれません。

つまり、日本に戻るか、現地で他の仕事をして 生きていくしかありません。

しかし、
現地採用ではロクにお金も貯まらないので 日本に戻る旅費などを自分で捻出するのは 困難を極めるでしょうし、
現地で日本人を雇ってくれるところを探せても 納得のできる賃金をもらうことなど、絶望的でしょう。

 

現地語か、最低でも英語ができなければ、あらゆる面で不便

 

もし、現地採用された職場でやっていけそうだと思っても、”意思疎通”に関しては どうしても問題が起こります。

仕事の上で 現地人と接する機会もたくさんありますし、微妙なニュアンスの違いをしっかりと理解していないと、誤解が生まれてしまうリスクが非常に高いのです。

仕事なので、失敗は許されません。

 

現地には、”日本人経営の現地語学スクール”もあるかもしれませんが、日本人相手の商売だけあって 料金は高いので、そんなところに通う お金は捻出することは難しいです。

英語スクールに通おうにも、やはり”日本人を相手にした英語スクール”に行かざるを得ないので、料金の相場はどうしても 高くなってしまうのです。

 

現地採用の過酷な業務をこなしながら、休日を潰して多額のお金を払って、語学スクールに通うことは、想像以上に難しいのです。

 

「現地採用は やめとけ」と言われてしまう最大の理由!
帰国後どうすんの!?

 

「現地採用をやめとけ」といわれる理由が、帰国後の身の振り方です。

やはり、現地採用は環境が劣悪すぎるので、一生続ける事はまず無理でしょう。

いつかは、日本に戻り 十分な収入を得られる職を探さなければなりません。

 

しかし、その際”現地採用として海外で働いていた”という経歴は、むしろマイナスに働いてしまうのです。

排他的な思想が大変強い日本社会ですから、特異な経歴は どうしても 色眼鏡で見られてしまいます。

 

・・・企業は「グローバル化」とか言っていますが、企業に都合の良い所だけグローバル化しているのが実情なのです。

結局、他人とかけ離れた経歴を持っていると、ミスをしてしまったときの風当たりも強くなってきてしまいます。

「海外で働いてたとか言ってるけど、遊んでたんじゃないの?」などと、陰口の標的にされかねません。

 

なので、少なくとも日本人にとっては ”現地採用”という生き方は、メリットがあまりに少なく デメリットが大きすぎるのです。

 

”駐在員”の年収は!?タイやシンガポール、中国などの海外の求人はあるのか

 

日本を脱出して、タイ 中国 シンガポール ベトナムなど 海外の国で働いて生活を送りたい人は年々増加しています。

ストレスフルで精神的に余裕がない状態で日本国内で働き続けるより、いっそ海外で新しいライフスタイルを確立して 人生を楽しみたいという考えは、至極真っ当なものですよね。

人生は1回限りなのですから、できるだけ後悔の無いように 好きに生きるべきです。

 

その手段として”駐在員”を目指す人も、もちろん年々増加しています。

 

海外駐在員とは

 

ちなみに駐在員とは、正式には「海外駐在員(英語で”An expat”)」といいます。

日本国内の日本企業に正社員として入社してある程度以上の仕事を身につけ 経験を積んだ後に、海外支社に赴き 現地のスタッフに仕事を教えつつ、支社を経営していくのです。

つまり、海外赴任中のサラリーマンですね。

どんな職種であれ 会社の指示で海外支社で業務に従事しているのなら、「駐在員」とよばれます。

 

なので、日本人が現地で雇用される 現地採用とは 明確に区別されるのです。

 

駐在するなら 物価の面でアジアが有利

 

駐在員の給料は日本の物価を基準に支給されます。
(詳しくは後述)

つまり、物価水準の安い国で駐在員として働くと 生活費も抑えることができるのです。

 

なので、物価水準が 高い欧米での駐在員は 正直オススメはできません。

特に、日本からの輸入品は かなり高額になってしまうのです。

 

しかし、アジアでの駐在員は 物価水準も安く生活費を抑えられるので、生活費がかからないのです。

なので、お金を基準にすると アジアでの駐在員生活がオススメといえます。

 

駐在員の給料・年収は!?

 

駐在員の給与の内訳は、

1.現地給料(現地通貨での支給)

2.海外赴任手当(日本円での支給)

の2つによって構成されます。

 

「1.現地給料」は 当然駐在員が現地で生活していく費用となります。

そして、日本円で支給される「2.赴任手当」は 海外赴任中は使う機会もあまり無いので、そのまま貯蓄される事が多いのです。

 

それぞれの額面は、企業によって千差万別ですし 海外赴任する国によっても違ってきます。 

しかし、現地採用される場合に比べると格段に良い給料をもらう事ができるのは確かなのです。

 

その他、各種手当

 

駐在員は、給与に加え 各種手当を受け取る事ができます。

 

1.家賃手当

2.海外医療保険

3.一時帰国の交通費+1週間程の休暇

 

現地での生活拠点として賃貸マンションなどを借りるためのお金として「1.家賃手当」が支給されます。

もしくは、会社が既に契約しているマンションに住むパターンもあります。

いずれにせよ、駐在員は 原則的に現地での家賃などはかかりません。
(代わりに、日本で契約しているマンション等の家賃は、住んでないのに 払い続けることになりますが・・・)

 

更に現地で病気になってしまったときに備えて、「2.海外医療保険」なるものも存在します。

価格の相場が全くわからない海外で 病院に行くのはとても心細いものです。

しかし、会社が海外で有効な医療保険に加入させてくれるので、安心して 海外生活を営むことができるのです。

ですが、”歯医者”だけは適用外とされることが多いので 歯の治療が必要な人は 必ず日本国内で済ませておきましょう。

 

そして「3.一時帰国の交通費」は 一年半くらいに一度、日本へ一時帰国する費用と、一週間ほどのお休みがもらえます。

なので、祖国・日本でしっかりと英気を養い 充実した精神で また海外赴任に臨むことができるのです。

 

駐在員は貯金できるの!?
思わぬデメリットが・・・

 

これまでの説明を読んでいると、「駐在員という生き方」がとても素晴らしくバラ色に思えてきます。

しかし、良いことばかりではありません。

実際に駐在員として働かないと 中々気づけない”落とし穴”が存在するのです。

 

過酷すぎる労働 × 休日出勤、サービス残業

 

駐在員は、”海外支社を運営する”という とても重要な任務を任されています。

つまり、ものすごく責任重大なのです。

当然、自分のプライベートよりも 仕事を優先させられてしまいます。

 

なので、残業や休日出勤は日常茶飯事。

しかも それらに対する手当は一切でません。

つまり、プライベートの時間を削って仕事をしても 実質サービス労働となってしまうのです。

 

また 仕事の内容自体もかなりハードです。

↓具体例としては、下記の様な感じです。(某 巨大掲示板サイトより引用)

『朝六時に会社(強制労働施設)へ連行される車が来て7時過ぎ〜22時過ぎまで仕事、家につくのは日付変更線付近』らしい。

繁忙期は家に帰るのは2、3時になり休日出勤もあるとのこと、、、まさに社畜!

治外法権なので日本の労働の法に縛られず どこまでも社畜道を極められるのです!

 

・・・本社としては できるだけ安い経費で、大きな利益を出したいと考えています。

そのツケが、駐在員に重くのしかかってくるのです。

 

それを遂行するためには、当然 頭を悩ませつつ 言葉もロクに伝わらない現地人のスタッフ(通訳がいたとしても、微妙なニュアンスの差で 思わぬ誤解が生まれるのもよくある事なのです。)に上手く指示を出していかねばなりません。

駐在員になっても、四六時中 仕事に追われてしまうため、多くの人は 海外生活を楽しむ余裕などは殆どないのが現実なのです。

 

・・・海外は、日本の労働法が及ばないので、企業側はやりたい放題なのですね。

結局、どんな美しい社訓を掲げている企業であっても、一皮剥けばこのような本性なのです。

 

”取引先との付き合い”による度重なる支出(自腹)

 

また、残業や休日出勤をこなしても、取引をしている他社との付き合いというものが頻繁にあります。

無論、通常の仕事がある日ではなく、本来 のんびりと過ごすハズの土日に行われるのです。

ご飯に行ったり、ゴルフ・カラオケ、そして夜の酒場・・・。

当然、取引先の機嫌を損ねてしまい 取引停止!・・・なんてことになってしまったら一大事なので、常に 気を配らなくてはいけないので、楽しむどころではありません。

 

しかも、これらにかかる接待交際費は自腹なのです。

一ヶ月で3〜4万バーツ(日本円で約9〜12万円)もこの付き合いだけで飛んでいくらしい。

更に月に数回日本からの出張者のアテンドがあり、その日数分×4000バーツくらいは自腹負担が発生。

※アテンドというのは日本からの出張者へのおもてなしみたいなもんです。空港、ホテル、会社への送迎やご飯、お酒の席、夜の街などなど様々。まぁ、「付き合い」ってやつです。

つまり仕事の付き合いだけで4、5万バーツ(約12万〜15万円)ほど自腹で負担しなくてはならないわけです。

 

休日を潰して 精神をすり減らしながら 取引先を接待した結果、毎月9〜15万円以上も飛んでいくんじゃ、もう何のために海外で働いているのかわかりませんよね。

 

駐在員の求人はあるの!?

 

駐在員の求人情報は、探せばそれなりの数が見つかります。

しかし、求められる能力のハードルはかなり高いです。

 

・市場動向のリサーチ

・営業

・製品の提案

・顧客との新製品開発に関する打ち合わせ

・製造〜納品におよぶ 製品の品質管理

・現地従業員のマネジメント

 

↑上記の業務に関して、十分な経験があることが前提となります。

 

なので、今まで このような業務に携わった経験が無い人は、これから長い時間をかけて日本でこの経験を積んでいかねばなりません。

それには、優に数年以上の年月が必要になります。

そして、多大な労力と時間をかけて経験を身につけても、自分の望む国へ赴任できる保証は全くありません。

タイのバンコクに行きたくて駐在員を志したのに、数年後 聞いたことも無い国に飛ばされるかもしれないのです。

 

妻を見つけたい駐在員の”婚活事情”

 

駐在員として 多忙な毎日を送っていると、仕事から解放される日は、とにかくのんびり過ごしたいですよね。

なので、魅力的な独身女性を見つけるためのチャンスを掴む機会も なかなか無いのが実情です。

 

しかし 「結婚したい!」と思う駐在員も少なくないかもしれません。

そのような人は、”海外駐在員専用の婚活サイト”なるものを使い、婚活をしているケースが多いです。

 

ですが 婚活サイトで会った異性は、当然の如く 自分を良く見せようと必死になっています。

なので 実際に結婚したら、一気に本性を見せて 駐在員として懸命に働いて貯めたお金を、”現地妻の会”などでガンガン浪費されてしまうリスクも高いです。

結婚というイベントは、一生に一度の極めて重要な決断なのですから、しっかりと長期間にわたり相手の人格を見極めてから 実行せねばなりません。

 

結局、パソコン1台で稼ぐのが圧倒的にラク

 

これまで解説したように、他者に雇われて働くのは とても大変なのです。

文化やニュアンスの違いから生まれる 意思疎通のズレというものがあるため、仕事をする上での大きな弊害となってしまうのです。

そのため、パソコン1台があれば稼ぐことが出来る職業が、圧倒的に有利なのです。

 

クラウドソーシングサービスを使った在宅ワーカー

 

”クラウドソーシング”とは、いわばネット上でやりとりをする内職といえます。

ネット上で仕事の契約を結んだ上で、作業をして 出来上がったデータを納品するのです。

 

この稼ぎ方は すぐに始められるのですが、大きな問題点としては、

・報酬がとても安い

・毎回 求人を探さなければならない

という問題点があります。

 

数時間かけて作業をしても、数百円にしかならないような作業がほとんどなため、十分な額の報酬を手にする事は困難を極めます。

また、1つの仕事を完了したあとは、また 新しい仕事の求人募集を見つける手間が発生してしまうので、それも大きな時間損失といえます。

収入源とするには、あまりに効率が悪いといえるでしょう。

 

アフィリエイトという職業が、効率が良い

 

僕自身も、駐在員として海外で働こうとしていた頃がありました。

様々な工場を転々とする派遣社員であった僕は、特殊な技能を身につけようとしたのです。

しかし、特殊な技能を身につけるには 優に数年もの経験が必要な上、身につけた後も 希望する国での求人がある保証はありません。

更に、海外で働きたい人が増加している昨今、給与の相場も下がってきており これからも下がり続ける事は容易に想像がつきました。

 

なので、僕は膨大な時間と労力を使い ”最も自由にお金を稼げる秘訣”を模索しました。

その結果、ノートパソコン1台で 毎月多額の収入を得ることができています。

 

 

 

 

もし 興味がありましたら、こちらを見てください。

(冷やかし半分の方は お断りしています。スイマセン)

 

 

読んでくれ

1

  漫画界の巨匠・藤子・F・不二雄先生は、とても多くの名作を生み出しました。 「ドラえもん」を始めとして、「キテレツ大百科」「オバQ」や「パーマン」「21えもん」など、非常の多くの作品が、今 ...

2

  漫画界の巨匠・藤子不二雄A先生は、非常に多岐にわたる名作を生み出しました。 「まんが道」「忍者ハットリくん」「プロゴルファー猿」「少年時代」「ブラックユーモア短編」他 多数。 相棒である ...

-初心者向け

Copyright© 最底辺派遣社員はノートパソコン1台で”真の自由”を手にした , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.