初心者向け

脱サラして起業!最も成功率が高い方法とは?

投稿日:

 

雇われ労働者として生きているのは、とても辛いですよね。

・・・毎日毎日、朝早くに出勤して 好きでもない人間関係の中で、ひたすらつまらない仕事を繰り返しながら、ただただ退勤時間の到来を待ち、そして 帰宅。

休日も、土日の2日間の休みだけでは 遠出もできないので、結局どこに行くこともなく、月曜日の到来に怯えながら ただただテレビやYoutubeを漫然とみてしまう・・・。

そんな生活を定年まで続けることに嫌気がさし、脱サラして自分の手で稼ごうとする人は 多いです。

 

”脱サラ”の意味とは何か?

 

脱サラとは、起業に雇われるサラリーマンという働き方をやめて、独立し起業することです。

 

・・・サラリーマンは、雇い主に指示された仕事をこなしていれば 毎月給料をもらえますし、仕事でわからないことがあった時や 正しくないやり方をしている場合は、アドバイスをもらうことができます。

しかも、各種 福利厚生を受けることが出来るので、企業に解雇されるリスクを除けば それなりに安定している言えます。

しかし、どんなに仕事を懸命にこなしても 中々給料は上がっていきません。

要領よくサボっている同僚と大差ない給料しかもらえないばかりか、頑張って仕事をこなせばこなすほど どんどん他の人がやるべき仕事を押し付けられてしまい、他の人より多くの仕事量になってしまうでしょう。

 

なので、そんな不公平な環境で働くのが馬鹿らしくなってしまい、「脱サラして 自分一人で働きたい」と思うのは、至極当然のことです。

しかし、脱サラするということは、誰の指図も受けない代わりに 誰もやり方を教えてくれないという事なので、自分自身で稼ぐためのスキルを学んでいかなくてはなりません。

 

脱サラしてカフェや飲食店!後悔してもしきれない失敗例・失敗談は数え切れない程存在する

 

カフェや飲食店を経営したいと思っている人も多いですよね。

しかし、外食産業はとてもシビアな世界なのです。

なんと、新しく飲食店がオープンしても、10年以内に約90%が潰れるというデータがあるのです。

つまり、料理を一生懸命学んで汗水たらして働いても、結局借金を背負って閉店してしまうケースが後をたたないのです。

 

さらに、利益率の低さも覚悟しておかねばなりません。

驚くべき事に、飲食店の多くが利益率が1パーセントほどしかないのです。

つまり、100万円の売上を出しても、食材や場所代 各種経費などを差し引くと、1万円くらいしか残らないのです。

正直、激務の割に薄給すぎますし ちょっとした手違い1つで赤字になってしまうので、飲食店はリスクが高い選択と言わざるを得ません。

 

脱サラして農業は資金があれば成功するの?青年就農給付金の注意点

 

いつでも自分の好きな時間に 自由に働くことができる、農業を始めようとする人も多いです。

確かに、しっかりと農業をマスターすれば、後は自分の好きにやっていけそうなイメージがありますよね。

しかし、上手くいかずに失敗するも多いのが現状なのです。

 

農業は とても繊細で難しい仕事なのです。

その年によって変わる気候で 農作物の育ち方が激しく変化してしまうので、あらゆる要素をあわせて判断し、調整をしなくてはなりません。

なので、農業で一人前になるには 長い年月が必要なのです。

 

また、若い世代の農家を育成するための”青年就農給付金”なるものも存在します。

これは 一見 農業で生計を立てたい人にとっては、とても魅力的な制度ではあります。

しかし、規約が色々と複雑難解ですし 場合によっては給付金を返還する義務が生じるケースも実際にあるのです。

 

農業に特別な思い入れを持っているなら別ですが、単に”脱サラするための手段”を探しているのなら、オススメできません。

 

金川顕教氏などがすすめる”不動産投資”

 

不動産投資とは、その名の通り不動産に投資をすることにより、利益を出す事です。

もう少し詳細を話すと、「マンションやアパートなどの物件を買い取って家賃収入を得て、いつか物件の市場における相場が上昇した時を見計らって売り払う」のです。

手法としてはシンプルなので、この頃は企業での労働をこなしつつ 不動産投資に手を出す人も増加しています。

 

近年では 金川顕教さんという方が、不動産投資の世界では 有名ですね。

・「月収が10倍になりました!」

・「年収3000万円達成!」

…などといった華々しい成功を謳う成功談が書かれていますが、その証拠があるのかは不明です。

仮に本当にそのような成功を成し遂げた人がいたとしても、その裏には 失敗して多額のお金を失った人間が沢山いる可能性がある事を忘れてはいけません。

 

不動産投資の初期費用は?

 

多くの人には、全く馴染みのない不動産投資。

実践するのに、どの程度の資金が必要なのでしょうか?

 

↓信頼性の高い不動産投資サイトから、引用↓

年収と自己資金がどれだけあれば不動産投資が始められるのかは、多くの初心者が疑問に思っている点だろう。

結論から言うと、年収500万円、自己資金300万円が不動産投資を始める際の一つの目安になる。

年収制限があるのは融資がネックになるからだが、上記の年収以下でも不動産を10億円以上購入している人は存在する。

ただし再現性はかなり薄いやり方で金融機関開拓を行っているので、年収500万円以下で不動産投資を始めたいのであれば独自で融資をしてくれる金融機関を見つける必要がある。

 

年収500万円、自己資金300万円というと、ほとんどに人にとっては かなり高いハードルですよね。

毎日毎日、クタクタになるまで残業をして休日出勤をしても、年収300万円に満たない人も多い中、このような 条件を満たすのは 相当な難易度の高さだと思われます。

 

もちろん、年収500万円、自己資金300万円という目安を満たしていたとしても、不動産投資で成功できる保証はありません。

不動産投資は、破産する可能性もある 一種のギャンブルなのです。

 

”資金0”で起業!脱サラにオススメの業種・職業は?

 

僕自身も、派遣社員として生計を立てていた頃は 毎日が地獄でした。

劣悪な人間関係の中、心を押し殺しながら 毎日毎日 労働していたのです。

しかし、今は安いノートPC1台で収入を上げることができています。

 

 

 

 

 

その方法は、こちらの講座で詳しく解説しています。

 

読んでくれ

1

  漫画界の巨匠・藤子・F・不二雄先生は、とても多くの名作を生み出しました。 「ドラえもん」を始めとして、「キテレツ大百科」「オバQ」や「パーマン」「21えもん」など、非常の多くの作品が、今 ...

2

  漫画界の巨匠・藤子不二雄A先生は、非常に多岐にわたる名作を生み出しました。 「まんが道」「忍者ハットリくん」「プロゴルファー猿」「少年時代」「ブラックユーモア短編」他 多数。 相棒である ...

-初心者向け

Copyright© 最底辺派遣社員はノートパソコン1台で”真の自由”を手にした , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.