ツール

”リライトツール”で自動作成された記事でアフィリエイト報酬を得られるのか!?

更新日:

 

『MCS(ミリオネアコンテンツシステム)』『MSR(メイン・サイト・リライター)』などに代表される”リライトツール”は多種多様のモノが売られています。

これらを使ってブログを構築して アフィリエイト報酬を得ることは可能なのか?
・・・について、倫理観とかは抜きにして解説していきます。

 

リライトツールは、リライトできない
できるのは、”語句の置き換え”のみ

 

まず、先に言ってしまいますと、リライトツールでは リライトできません。

「???・・・わけがわからん」

そんな声が聞こえてきそうなので、もう少し詳しく解説します。

 

そもそも”リライト”とは、元記事の内容はそのままに、表現方法や言い回しなどを変えることを指します。

イメージとしては、”映画のリメイク”みたいなものですね。

あれも、過去の名作映画の大局的なストーリー内容を元ネタにして、監督独自の表現を交えて新しい映画へとリライトしているのです。

 

しかし、”リライトツール”と呼ばれるモノができるのは、語句を異音同義語に変換する事です。

つまり、過去の名作映画の セリフだけ吹き替えたようなモノなのです。

例えるなら、僕が「『風の谷のナウシカ』リメイクしてみた」と言って、セリフだけ音声合成ソフトで作ったモノに差し替えて上映するような行為なのです。

 

リライトツールでは、リライトできません。

できるのは、”語句の差し替え”だけなのです。

 

他人が長時間かけて書いた記事をパクる リライトツール
しかし、以外と時間がかかる

 

リライトツールは、”他人の文章をパクるツール”です。

具体的には、”ネットで探してきた他人の文章をコピペして、同じ意味を持つ語句に置き換える作業をしていくツール”です。

しかし、一語一語をクリックしていき、表示される複数の異音同義語の中から選択していく作業の繰り返しになりますので、相当な時間がかかります。

もちろん、頭を使わなくてもできるのは利点なのですが、それでも 作業を継続する集中力は必要になります。

 

グーグルには いずれ見抜かれる
永続的に報酬を得る”資産”ブログは構築できない

 

グーグルは、毎日 検索アルゴリズムをアップデートしつづけており、リライトツールを使った記事を検知するシステムも進化し続けています。

つまり、これまで 検知されなかったとしても 明日突然検知されてしまい、ブログがペナルティを受け 検索結果の圏外に飛んでしまう恐れが常に存在するのです。

 

また、仮にグーグルにリライトツールを使った記事だと見抜かれず ペナルティを受けなかったとしても、リライトツールで使った”オリジナリティの無い記事”では 検索上位に表示されることは極めて難しくなってしまいます。

なぜなら、グーグルは”記事のオリジナリティ”を重視するからです。

 

…なので、リライトツールで作った記事をブログに投稿していると、結局どう転んでも損なのです。

また、自分のスキルが永遠に向上しませんので、自分の成長の可能性を潰し続けるツールでもあるのです。

正直、僕なら 金をもらっても使いたくありません。

 

自分の興味のある事をネタにした”下手くそなオリジナル記事”を書いた方が遥かに良い

 

僕の主観的な意見では、
「もはや自分でオリジナル記事書いた方が早いし楽だし確実じゃん!」
と言わざるを得ません。

自分でオリジナル記事を書くなら、”パクる記事を探す手間”も要りませんし 圧倒的に楽なのです。

 

・・・興味のある事を記事にしていく”トレンドアフィリエイト”なら 当然、記事も格段に書きやすいですし、何よりどんどん記事を書くスキルが上達していきます。

そうすれば、長期的に収益を上げることも普通に可能になっていきます。

 

実際に僕は、「下克上∞」という教材に沿ってトレンドアフィリエイトをしていたら稼げるようになりました。

とりあえず、記事はリスクと隣り合わせのリライトツールではなく 自分で書いてみるべきです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は、ノートパソコン1台で収入を得て、自由な人生を送ってます。

東南アジアを放浪

したりしつつ、ネットでお金を稼いでいます。

別に、何かの才能があったわけではなく、
むしろ落ちこぼれの派遣社員でした。(オマケにメカ音痴)

どんな仕事をしても長続きせず、
100回以上、転職を繰り返してきた社会不適合者です。

毎日毎日、

劣悪な人間関係の中、
馬車馬の如く労働をしても

預金通帳の残高は
ほとんど増えませんでした。

体調不良で1日でも欠勤したら、
次の月の生活費がなくなるような状態でした。

メルマガ内でも くわしく書いていますが、

某県某市の町外れ、
とある3階建ての古びた雑居ビルのATMの前で
給料日なのに全財産が10万円を下回ったときは、
うめき声を上げ頭をメチャクチャにかきむしったり。

また、
自分の中に溜まりに溜まったストレスを自覚できずに働き続けた結果、
とつぜん頭の回転が、異様に遅くなってしまって、
・・・その日、一晩中自分自身が生み出した

幻覚と幻聴で、
自我が完全に崩壊

してしまったり。

そんな労働地獄から脱出するため
月曜〜土曜まで働きづめた後の日曜日に、
ロクに頭が回らない放心状態で
中古パソコン屋にトボトボ歩いていきました。

そして、

血のにじむような1万円

で、超低性能パソコンを震える手で購入したのです。

ネットビジネスのスキルも経験も無いのに
不安と恐怖に支配されながらも
必死で自由になろうと無様に もがきました。

無様にもがき続けた結果、
いつでもどこでもネットで収入を得て
自由に生きれるようになりました。

朝 起きて ノートパソコンを開き
しばらくキーボードをカタカタと打ち
あとは のんびり過ごす生活。

そんな生活をしていると、体から

長年ため込んだ
莫大なストレスが、
どんどん抜けていく

のを実感しました。

すると、体中から
活力がみなぎってきたのです。

1回限りの人生なのに、
わずかな賃金のために莫大なストレスを溜め込みつづけて労働し、
やりたいことを我慢しつづける人生など、悲しすぎます。

自由に、好きな時に好きなトコロで好きなコトをして、
1回限りの人生を大事に生きるべきなのです。

僕が自由になった手順

は、
メルマガ講座で、くわしく語っています。
(メール最下部のリンクをクリックすれば、いつでも すぐに解除できます。)

 

無料でメルマガ講座を読んでみる

 

登録フォームにメールアドレスを入力して

「無料アクセス」ボタンを
カチッとクリック

すれば、すぐに読み始めることができます。

 

・・・最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を おもしろい と感じてくれたら
SNS等でシェアしていただけると 嬉しいです。
(下のボタンをクリックでシェアできます)

読んでくれ

1

  漫画界の巨匠・藤子・F・不二雄先生は、とても多くの名作を生み出しました。 「ドラえもん」を始めとして、「キテレツ大百科」「オバQ」や「パーマン」「21えもん」など、非常の多くの作品が、今 ...

2

  漫画界の巨匠・藤子不二雄A先生は、非常に多岐にわたる名作を生み出しました。 「まんが道」「忍者ハットリくん」「プロゴルファー猿」「少年時代」「ブラックユーモア短編」他 多数。 相棒である ...

3

  映画「ドラえもん のび太とアニマル惑星」は、1990年3月10日に公開された劇場版第11作目です。 僕が初めてこの作品を見たのは、劇場ではなくDVDでした。 当時はまだ小学生だったのです ...

-ツール

Copyright© 最底辺派遣社員はノートパソコン1台で”真の自由”を手にした , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.